世襲議員の実証分析 The Dynastic Politicians in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている。これまでマスコミ,評論家,政治学者などが世襲議員について再三論じてきたが,そもそも印象論的な議論も少なくなく,厳密な実証分析を行ったものは多くは存在しない。そこでわれわれは新たに構築した包括的なデータセットを用いて世襲議員の属性や政策に対する影響力を実証的に分析し,世襲議員をめぐる今後の議論に一つの材料を提供したい。本論文では,まず世襲議員の特徴を非世襲議員との比較において明らかにする。そして政策に対する影響力の一例として,世襲議員の補助金分配過程への影響を検証する。分析の結果,世襲議員は選挙における地盤や資源に恵まれており,選挙に強く,当選回数が多いということ,さらに世襲議員は自分が代表する地域により多くの補助金をもたらすということが示された。

Dynastic politicians, who are defined as those whose family members have also served for the same position in the past, occupy a sizable portion of political offices in Japan. We analyze how dynastic politicians with inherited advantages differ from non-dynastic politicians, and how they affect electoral policy choices on distributive benefits. Specifically, we ask (1) if there exists any significant difference in background characteristics between dynastic and non-dynastic legislators and (2) if there exists any significant difference in the amount of fiscal transfer from the national to the local government between districts with and without dynastic legislators. Our analysis, using panel data between 1997 and 2007, shows that dynastic politicians have more electoral resources, are more likely to win elections, and bring more subsidies to their constituencies than non-dynastic politicians.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 26(2), 139-153, 2011

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005697096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10035687
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0912-3512
  • NDL 記事登録ID
    11017908
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-887
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ