近年の土砂災害シリーズ Recent Landslide Hazards

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2011年8月25日にマリアナ諸島の西で発生した台風12号は,9月2日から4日にかけて,ゆっくりと日本列島付近を進み,紀伊半島を中心とする広い範囲に豪雨をもたらした。とくに奈良県南部では記録的な豪雨を観測し,上北山のアメダスでは72時間雨量が1,652mmと国内観測記録を大きく塗り替えた(図1)。レーダー解析雨量では,山地奥部の雨量はさらに大きく,場所によっては2,000mmを越えたと推定されている(大阪管区気象台,2011)。このような記録的な豪雨のため,紀伊半島や中部地方の山岳域では多数の山地災害が発生した。とくに,紀伊半島内陸部の山地では,多数の崩壊が発生するとともに,大規模なもののいくつかは十津川支流の河道をせき止めて,土砂ダムを形成した。このような豪雨による深層崩壊や土砂ダムの発生については多くの専門家の注目を集めており,今後,その実態解明が進むと期待される。しかし,今回の災害に関しては深層崩壊や土砂ダム以外の現象については報告が少なく,災害の全体像についての十分な理解が進んでいないように思われる。本論では筆者がこれまでの現地調査を通して見ることが出来た現象のうち,今回の災害の特徴を理解する上で重要と思われるものを中心に紹介し,今後の研究のための基礎資料として提示したい。

収録刊行物

  • 水利科学

    水利科学 56(6), 60-67, 2013

    水利科学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005757743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125003
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0039-4858
  • NDL 記事登録ID
    024290224
  • NDL 請求記号
    Z16-140
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ