河川水辺の国勢調査を保全に活かす―データがもつ課題と研究例  [in Japanese] Towards the use of National Census on River Environments data for conservation: issues and a case study  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

河川を含む淡水生態系の生物多様性は急速に低下しており、その効果的な保全のため、広域スケールでの生物多様性の現状評価と将来予測が求められている。1990年に開始された河川水辺の国勢調査(水国)は、日本で唯一の国土スケールでの河川環境に関する定量調査事業で、日本の河川生物の保全に対する重要性は今後さらに高まることが予想される。そこで本稿では、保全生態学的研究への水国データの効果的な活用を目指して、水国の概要とデータを利用する際に注意すべき課題について解説するとともに、データを活用した研究事例を紹介する。課題は、調査地点、時期といったデータの質に影響を及ぼす「調査手法」に関するものと、研究者がデータを利用する際に直面する「データ整備」に関するものに分けられた。研究事例では、2001年から2005年の水国3巡目で得られた魚類と底生動物のデータを利用した全国スケールの解析を行った。魚類は純淡水性と通し回遊性に分け、底生動物は、水生昆虫類と貝類に分けて種数または分類群数と希少性指標(レッドリストの各カテゴリーに掲載されている種数から算出)を算出し、それぞれの全国的な傾向を検証した。解析の結果、種数と分類群数の全国的な空間分布は、魚類の生活型(純淡水性・通し回遊性)や底生動物の分類群(水生昆虫類・貝類)によって異なることが示された。その一方、各生活型もしくは各分類群の種数または分類群数と希少性指標の分布は空間的に一致する傾向にあり、種数や分類群数の多い地区ほどレッドリスト掲載種が多い傾向にあることが示された。つまり、魚類の生活型や底生動物の分類群によって異なるものの、数多くの種と希少性の高い種の両者を類似した地域で保全できる可能性が示唆された。今後、水国のデータがもつ有効性が広く認識されることで、国土スケールでの生物多様性の変化や将来予測といった保全研究への活用が進み、環境変化に対する河川生物多様性の保全方法などの提言につながることが期待される。

With rapid declines in global riverine biodiversity, conservation is needed on a nationwide scale. Since 1990, the National Census on River Environments (NCRE) has collected meaningful data on riverine organisms and environments in Japan. However, there are several issues with using the NCRE database for scientific studies. In this study, we summarised issues related to the NCRE database, and used the 3<sup>rd</sup> NCRE dataset (2001-2005) to evaluate nationwide trends in species richness and the rarity of fishes (primarily freshwater and diadromous fishes) and taxon richness and the rarity of benthic animals (aquatic insects and shellfishes). First, we summarised data quality (e.g. monitoring sites and season) and data formatting issues (e.g. site name and species name). Second, we mitigated these potential issues as thoroughly as possible and tested the relationships of species (or taxon) richness and rarity with latitude using generalised linear models. We found that species and taxon richness showed different latitudinal distributions between primarily freshwater and diadromous fishes and between aquatic insects and shellfishes. In contrast, rarities showed spatial congruence with species diversity, suggesting that more species and rare species could be conserved in the same regions.

Journal

  • Japanese Journal of Conservation Ecology

    Japanese Journal of Conservation Ecology 21(2), 167-180, 2016

    The Ecological Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005786111
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11857952
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL Article ID
    027788024
  • NDL Call No.
    Z18-B498
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top