ヒカリツミキ:光による情報可視化手法を用いたハードウェア学習用モジュール型玩具 Hikari Tsumiki:Module Toy for Hardware Education Which Visualize Information Using Visible Light

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>近年ハードウェア教育が着目され、モータや各種センサ等の機能を一つずつ組み込んだモジュールを組み合わせて様々なシステムを構築可能なモジュール型玩具が開発されている。ただしそれらはモジュール間の情報伝達に電気信号を用いているため、目に見えない電気という概念を理解することが困難な小さな子供には理解が困難であった。そこで本研究では、小さな子供の理解を促し、より幼い子供から遊びを通してハードウェアに親しむことが出来るようにすることを目的とし、モジュール間で伝達される情報を光により可視化するハードウェア学習用モジュール型玩具"ヒカリツミキ"の開発を行った。制作に当たっては、パーソナルファブリケーション機器等を活用することで、従来では困難であった試作レベルでの大量制作を実現した。</p>

<p>In late years hardware education attracts attention, and some module type toys have developed. These module type toys can construct many kinds of functional systems, however they are difficult to use for young children who cannot understand the invisible "electricity". Therefore, in this study we developed a new module type toy "Hikari Tsumiki" which visualize the information flow between modules using visible light. Young children can get close to hardware elements through playing with the proposed system. We used personal fabrication tools to make the modules.</p>

収録刊行物

  • デザイン学研究作品集

    デザイン学研究作品集 22(1), 1_40-1_43, 2017

    日本デザイン学会

各種コード

ページトップへ