<b>1980</b><b>年代イギリスにおける盲児童生徒のインテグレーションの始動とその条件 </b> <b>The Beginning of Integrated Education for Blind Pupils </b><b>and its Supporting Factors in England, 1980s </b>

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>1980年代の盲児童生徒のインテグレーションの開始と普及は、以下に挙げる要因が同時多発的に、また相互補完的に働いたことに起因していたと考えられる。第一に1981年教育法の成立が、親、地方当局関係者及び教員の意識に変化をもたらしたこと、第二に主に弱視児童生徒のインテグレーションの普及を意図として整備されたユニット型支援や巡回指導型支援が、より手厚い支援を必要とする盲児童生徒にも対応できる体制整備の基礎となったこと、第三に、上記に連動した形で、関係する慈善組織や研究機関が、視覚障害児童生徒の支援体制構築のため、教員養成プログラムの開催や地方当局関係者・教員むけの手引書の発行等の支援事業を広範に展開したことである。</p>

<p>Behind the integrated education for the blind in the 1980s, there were a number of factors which came together at the same time in a mutually complementary form. First, with the establishment of Education Act 1981, changes in the minds of parents, LEAs and school teachers were seen. Secondly, unit based support and peripatetic support became equipped with more human resources available to support blind pupils. Thirdly, teacher training programs and books designed to inform and assist LEAs and teachers became available through charity organizations and research institutions.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 40(1), 81-91, 2016

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005815323
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    027333499
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ