細胞レベルの性差とその病態生理学的意義  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、性差医学の観点から男女の違いに応じた薬物療法に関わるトピックを概説する。細胞レベルでも性差があることも分かってきたので、その病態生理学的役割の解明へ向けた取り組みも紹介する。

Journal

  • Farumashia

    Farumashia 53(8), 796-800, 2017

    The Pharmaceutical Society of Japan

Codes

Page Top