国民保護計画における効果的な危機対応を実施するための情報システムの開発  [in Japanese] Development of Information System for Implementing Emergency Response Effectively in Civil Protection Plan  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

平成16 年6 月14 日に"武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法 律"(以下,国民保護法)が国会で可決され,成立し,同年9 月17 日に施行された。地方公共団体は,国民保護計画を作成することが義務付けられた。本計画で想定されている危機事態は,「武力攻撃事態」と「緊急対処事態」であり,地方自治体の実務者にとっては未経験の事態想定となっている。 本研究では,地方公共団体の実務者が,有事の際に効果的な危機対応を実行するために本計画について持つべき視点を具体的に述べるとともに,国民保護計画における危機対応業務の分析を具体的なフィールドで実務者と協働で行い,危機対応業務分析結果に基づくプロトタイプシステムを開発した。本研究の成果物である国民保護計画における危機対応の考え方と業務分析結果,開発したプロトタイプシステムとその開発プロセスは,今後地方公共団体を中心として実施される国民保護計画に係わる取り組みの具体的な方策を示すものであると考えている。

In consideration of international situation for national security, "Civil Protection Law" was enacted in June 2004 and enforced in September 2004. Local governments had responsibility to protect citizen against armed attack situation and emergency response situation such as terrorism attack. One of their responsibilities is to prepare Civil Protection Plan. The purpose of research is to suggest the point of view for implementing "Civil Protection Plan" and define emergency operation for local government practitioners. Finally, we developed an information system for implementingemergency response effectively in Civil Protection Plan.1 は

Journal

  • Journal of Information Systms Society of Japan

    Journal of Information Systms Society of Japan 4(2), 54, 2008

    Information Systems Society of Japan

Codes

Page Top