抗原特異的CD4陽性T細胞の核移植によるアレルギー性炎症急速発症モデルの樹立  [in Japanese] Rapid development of antigen-induced airway inflammation in cloned mice generated by nuclear transfer of antige-specific CD4<sup>+</sup> T cells  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>CD4陽性T細胞は,アレルギー性炎症の発症に重要な役割を担う.感作マウスの抗原誘発アレルギー性気道炎症モデルにおける,マスト細胞欠損マウスの利用やCD4陽性T細胞除去実験によって,その病態がCD4陽性T細胞に大部分依存していることを示した.さらに,抗原特異的CD4陽性T細胞を正常マウスに移入して抗原暴露することで,様々な臓器にアレルギー性炎症を誘導できた.このようなT細胞依存性のアレルギー性免疫応答を簡便かつ迅速に解析できるモデル構築を目的として,抗原特異的CD4陽性T細胞を由来とするクローンマウスの作出を試みた.種々抗原で感作したマウスより得たCD4陽性T細胞を,短期間in vitro刺激培養したドナー細胞の核移植を行ったところ,さまざまなクローンマウスが誕生した.その再構成T細胞受容体(TCR)α/β鎖を同定し,genotyping法を構築した.多くのクローンマウスのCD4陽性T細胞は,感作抗原に反応して増殖した.その後,さまざまなT細胞サブセットへ分化したことから,再構成TCRの違いによって異なる免疫応答が誘導されることが示唆された.In vitroでの抗原反応性には,核移植ドナーT細胞由来の再構成TCRα/β鎖の両者が必要であった.野生型マウスに十回以上ダニ抗原を経気道的に反復暴露しても,殆ど気道炎症は惹起されないのに対し,ダニ抗原特異的CD4陽性T細胞から作出したクローンマウスでは,僅か数回の暴露によって,強い気道内炎症細胞浸潤と気道過敏性亢進がみられた.また興味深いことに,再構成TCRαまたはβ鎖の片方だけを発現するマウスでも,気道炎症は亢進した.ドナーCD4陽性T細胞の抗原特異的TCRを発現するクローンマウスの作出に成功した.本マウスを用いて,アレルギー性炎症病態を短期間に解析できることから,各種アレルギー疾患モデル,薬物評価への応用が期待される.</p>

Journal

  • Folia Pharmacologica Japonica

    Folia Pharmacologica Japonica 150(2), 83-87, 2017

    The Japanese Pharmacological Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005936794
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00198335
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0015-5691
  • NDL Article ID
    028383296
  • NDL Call No.
    Z19-247
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top