住宅建築における大工技能および構工法の地域性に関する研究  [in Japanese] Study on the localization of the traditional carpenters skills and building construction on residential housing  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

昨今では,戸建木造軸組住宅のプレカット比率が8割を超える状況にある。そのいっぽうで大工技能者の現象と高齢化が進捗し,従来型の生産システムの伝承が困難になっている。本研究は,全国的に画一化しつつあることが予測される木造軸組住宅にあって,かろうじて残存しているであろう技能や構工法の地域性を考察することによって,木造住宅建築の生産システムのありようを探ろうというものである。結果,地域性という意味では,モデュールの違いや部材断面の考え方,基準とする継手の種類や寸法に,差異が現れることが確認された。いっぽう,木造住宅の技能・技術体系という意味においては,旧来いわれてきた「木造の伝統」という捉え方が,必ずしも成立しない状況があることが明らかになった。

This paper deals with traditional skill of Japanese carpenters. Since there is almost no research on carpenters' skills, we decided to study the localization of the traditional carpenters skills and building construction on residential housing. The use of this system as the basis of construction resulted in highly developed and precise techniques. Since the mechanism is not solved, we provided detailed measurement information on the mechanisms of the skill.These measurements should be taken as a rationality of traditional skill.

Journal

  • JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN"

    JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN" 38(0), 269-279, 2012

    Housing Research Foundation

Codes

Page Top