TADF分子膜の配向制御及び発光特性計測  [in Japanese] Controled molecular orientation and photoluminescence measurement in TADF molecular thin film  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

熱活性遅延蛍光分子は、緻密な分子設計によって内部量子効率100%を実現することが知られている。高効率の有機ELデバイス実現のためには、高い内部量子効率の維持が重要であると考える。我々は金属基板上でいくつかのTADF分子について高配向の単分子膜を形成し、STMにより構造解析を行った。また、過渡発光計測の結果、TADF分子の一種である4CzIPNは遅延蛍光の発光効率が膜厚に依存することを見出した。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 37(0), 212, 2017

    The Surface Science Society of Japan

Keywords

Codes

Page Top