第5回世界水フォーラム報告 The Fifth World Water Forum Report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

第5回世界水フォーラムは、2009年3月16日から22日の日程でトルコ・イスタンブールのボスポラス海峡の入り江である金角湾を挟む「ストゥルジェ」と「フェスハネ」両会場において開催された。世界水フォーラムは、フランス・マルセイユに本部がある世界水会議とホスト国が主催し、3年に1度、国連の定める「世界水の日」である3月22日を含む約1週間の日程で開催される世界最大の水に関する国際会議である。第1回世界水フォーラムは1997年にモロッコ・マラケシュ、第2回世界水フォーラムは2000年にオランダ・ハーグ、第3回世界水フォーラムは2003年に京都・滋賀・大阪の琵琶湖・淀川流域、そして第4回世界水フォーラムは2006年にメキシコシティで開催された。第5回世界水フォーラムの全体テーマは、アジアとヨーロッパの架け橋に位置するイスタンブールで開催されることに掛け、「水問題解決のための架け橋」とされ、様々な水問題の解決を阻む問題(ギャップ)と、その解決策(架け橋)は何かという観点からの議論が行われた。

収録刊行物

  • 水利科学

    水利科学 53(3), 1-17, 2009

    水利科学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006026387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125003
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0039-4858
  • データ提供元
    IR  J-STAGE 
ページトップへ