異分野融合の促進に資する学術分野の文化比較結果の可視化 Visualization of Academic Cultures for Promoting Interdiscipnaly Research

この論文にアクセスする

著者

    • 尾上 洋介 ONOUE Yosuke
    • 京都大学 学際融合教育研究推進センター 政策のための科学ユニット Science for Innovation Policy Unit, Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research, Kyoto University
    • 宮野 公樹 MIYANO Naoki
    • 京都大学 学際融合教育研究推進センター Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research, Kyoto University

抄録

<p> 現代社会は複雑化が進み,様々な分野で解決困難な社会課題に直面している.学術界はこれらの課題解決を担ってきたが,学術分野の細分化が増すにつれて,単一の学術分野でこれらの社会的課題を解決することが困難になってきている.この様な状況下で,学際研究は重要な位置付けとなる.学際研究では,異なる分野の研究者が互いの研究の価値観,文化を理解することが重要となる.本研究の目的は,異なる研究分野間での研究者の相互理解を促進させることである.本研究では,研究者を対象に行われたアンケート結果を分析した.アンケートでは研究者の研究に対する価値観,行動様式を調査している.我々は,このアンケート結果から研究コミュニティを検出し,コミュニティの文化的特徴を抽出した.この分析結果を,学術分野の文化を表現するレーダーチャートとネットワークによって可視化した.これらの可視化結果によって学術分野間の文化的差異をより簡単に比較可能になり,異なる分野の研究者の相互理解の助けとなると考えられる.</p>

<p>  As our society getting complex and academic disciplines getting divided, social issues become difficult to be solved by a single academic discipline only. Interdisciplinary studies, i.e. fusion and cooperation of multiple academic disciplines, become much popular under such situation of our society. In interdisciplinary studies, it is important that researchers in different academic disciplines understand each other's values and cultures, which stays quite difficult for the most of researchers. In order to promote the mutual understanding among different academic disciplines, we analyze the result of a survey asking researcher's academic philosophy and behavioral features, find research communities and extract their cultural characteristics. We visualize the result of the analysis as a network with charts that represent academic disciplines' cultures. We believe that our system makes it easier to compare academic disciplines' cultures and helps researchers in different community understand each other.</p>

収録刊行物

  • 可視化情報学会論文集

    可視化情報学会論文集 37(8), 40-47, 2017

    社団法人 可視化情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006034946
  • 本文言語コード
    ENG
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ