なぜ経済的保守派は社会的に不寛容なのか:草の根レベルの保守主義の形成における政治的・社会的要因 Why Economic Conservatives Tend to be Socially Intolerant?:Political and Social Factors in the Development of Grassroots Conservatism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

一般市民レベルにおける保守主義はどのようにして形成されるのか。なぜ結びつくことが必ずしも自明ではないいくつかの政治的態度が保守主義の名の下に結びつくのか。アメリカでは,福祉の抑制や均衡財政を目指すいわゆる経済的保守主義も,中絶の禁止や同性婚の禁止を訴える社会的な保守主義も同じ保守主義の名の下に一つのイデオロギーとして括られる。これらの態度は必ずしもそれらを結びつける論理が存在しないにもかかわらず,現実として人々の態度において同時に存在することが多い。その原因として,政党および伝統的共同体の役割が考えられる。こうした可能性を検証するべく,データ分析を行った結果,アメリカにおいて共和党支持者や福音派ほど,また共和党の勢力が強い地域やキリスト教的価値観が強い地域に住んでいる者ほど経済的保守主義と社会的保守主義とが,その態度において結びつくことがわかった。

How does conservatism develop among citizens? Why are some theoretically inconsistent political attitudes tied in the name of conservatism? Both economic conservatism that pursues budget cuts for welfare programs and balanced budget and social conservatism that argues for the ban of abortion and same-sex marriage actually tend to be correlated in voters' attitudes in the United States, although they are not necessarily theoretically consistent. To solve the puzzle, this paper explores two factors, political party and traditional community, in the development of grassroots conservatism. The data analysis shows that Republicans and evangelicals, and citizens residing in Republican and Christian regions are more likely to have both economically and socially conservative attitudes, suggesting that partisanship and religious belief are a key to understanding ideological constraints in the United States.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 28(1), 55-71, 2012

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006041663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10035687
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0912-3512
  • NDL 記事登録ID
    023896939
  • NDL 請求記号
    Z2-887
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ