小選挙区比例代表並立制下での役職配分:民主党の党内対立と政党投票  [in Japanese] Legislative Organization under the Mixed-Member Majoritarian System:The Intraparty Politics of the Democratic Party of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では,中選挙区制度下で確立された自民党の役職配分パターンとの比較の観点から,小選挙区比例代表並立制下で2009年に政権に就いた民主党は,党の一体性維持,得票の増大,政策形成を実現するうえで,どのような役職配分パターンを行っているのかを検討する。分析からは,民主党は,自民党と同様に年功序列型人事と党内のグループ均衡型人事によって党内の一体性維持を図っている一方,自民党が行ってきたような,党の得票拡大のために選挙に弱い議員に優先的に役職を与えることや,与党経験の乏しい時期に官僚出身者を積極的に登用して政策形成を推進するようなことはしていないことが示された。自民党と民主党が党の一体性維持のために同じ手段を用いているのは,中選挙区制と小選挙区制の間で,政党内対立の深刻さやリーダシップの強さに違いがあるものの,党の一体性確保の手段自体は同じであるからと考えられる。一方,両党の得票拡大手段が異なるのは,自民党が中選挙区制のもとで候補者中心の集票システムを確立し,それを小選挙区制のもとでも利用し続けているのに対し,民主党は小選挙区制のもとで政党中心の集票活動を行っているからと考えられる。

In September 2009, the Democratic Party of Japan (DPJ) won office, ending more than a half-century rule by the Liberal Democratic Party (LDP). Accordingly, DPJ legislators assumed important posts in the Cabinet and Diet. How does the DPJ assign legislative posts under the single-member district-centered system in order to pursue votes, office, and policies as compared to the LDP? This study finds that, similar to the LDP, the DPJ uses interfactional balancing and seniority rules because each can universally contribute to the maintenance of party unity. In contrast, in order to increase the votes, the DPJ allocates most key posts to electorally stronger members, whereas the LDP allocates posts to electorally vulnerable members since the DPJ has a party-centered electoral style, and the LDP has a candidate-centered style.

Journal

  • Japanese Journal of Electoral Studies

    Japanese Journal of Electoral Studies 28(1), 21-38, 2012

    Japanese Association of Electoral Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006041665
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10035687
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0912-3512
  • NDL Article ID
    023896925
  • NDL Call No.
    Z2-887
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top