中国のジオパークにおけるジオツーリズムの現状と課題:伏牛山世界ジオパークの事例から  [in Japanese] A Study on the Present Situation and Problems on Geo-tourism in Geoparks of China:A Case Study of Funiushan Global Geopark  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 楊 燕 Yang Yan
    • 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies, Nagasaki University

Abstract

ジオツーリズムは、大地の遺産の魅力を地域が主体的に発信し、その持続的な展開を指向する観光形態である。同時に、それらが多く展開されているジオパークの仕組みについても、わが国では関心の高まりが見られつつある。本論文は、もっとも早くからジオパークの取り組みを進めてきた中国の事例に注目し、伏牛山世界ジオパークを管轄する行政職員を対象とした聞き取り調査の結果から、ジオツーリズムを推進される現状にみられる利点と問題点を把握して今後を展望することを目的として論じた。結果、ジオツーリズムを確立する際に不可欠な地域住民の参画面で理念と現実の乖離の顕在化とその実質化に取り組む必要性が明らかになった。

Journal

  • Journal for Interdisciplinary Research on Community Life

    Journal for Interdisciplinary Research on Community Life 04(0), 12-24, 2013

    The Association of Inter-disciplinary Researchers on Community Life

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006069396
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12558571
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    2186-9022
  • NDL Article ID
    025861670
  • NDL Call No.
    Z72-E52
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top