加熱式タバコと燃焼式タバコの主流煙中に含まれる有害成分の比較 Comparison of Chemicals in Mainstream Smoke in Heat-not-burn Tobacco and Combustion Cigarettes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 戸次 加奈江 BEKKI Kanae
    • 国立保健医療科学院 生活環境研究部 衛生環境管理研究領域 Department of Environmental Health, National Institute of Public Health, Japan
    • 稲葉 洋平 INABA Yohei
    • 国立保健医療科学院 生活環境研究部 衛生環境管理研究領域 Department of Environmental Health, National Institute of Public Health, Japan
    • 内山 茂久 UCHIYAMA Shigehisa
    • 国立保健医療科学院 生活環境研究部 衛生環境管理研究領域 Department of Environmental Health, National Institute of Public Health, Japan
    • 欅田 尚樹 KUNUGITA Naoki
    • 国立保健医療科学院 生活環境研究部 衛生環境管理研究領域 Department of Environmental Health, National Institute of Public Health, Japan

抄録

受動喫煙による健康影響が懸念される中,たばこ規制枠組条約(FCTC)締約国として我が国でもその対策が推進され,現在,2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて,受動喫煙防止のための効果的な法の整備が国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)の要請のもと進められている.一方,Philip Morrisは新型タバコとして,加熱式タバコiQOSの販売を開始した.iQOSは,副流煙が低減化された新型タバコとして販売されているものの,受動喫煙や毒性に関しては限られた情報しかない.本研究では,科学的な観点からiQOSを評価するため,タバコ葉およびタバコ主流煙中の主成分であるタール,ニコチン,一酸化炭素およびタバコ特異的ニトロソアミン(TSNAs)の濃度レベルを従来の燃焼式タバコ(標準タバコ)と比較した.iQOS専用のタバコ葉および主流煙からは,標準タバコと同程度のニコチンが検出されたのに対して,TSNAsは,タバコ葉および主流煙のいずれも標準タバコの5分の1程度にまで濃度が低減され,燃焼マーカーとしても知られる一酸化炭素(CO)は,標準タバコの100分の1程度の濃度であった.しかしながら,この様な有害成分は完全に除去されているわけではなく,少なからず主流煙に含まれていた.今後,iQOSの使用規制には,有害成分の情報に加え,受動喫煙や毒性などの情報から,総合的に判断していく必要がある.

Because of the health effects of secondhand smoke, the Japanese government is trying to establish an effective law for total avoidance of secondhand smoke in indoor environments for tobacco-free Tokyo Olympic and Paralympic games 2020, as requested by the International Olympic Committee (IOC) and the World Health Organization (WHO). Meanwhile, Philip Morris International has begun selling a new heat-not-burn tobacco, iQOS, which it claims is designed not to produce secondhand smoke. There is little scientific data, however, of the hazards and toxicity of iQOS. In this study, we evaluated several harmful compounds (nicotine, tar, carbon monoxide (CO) and tobacco-specific nitrosamines (TSNAs)) in the mainstream smoke and fillers of iQOS, and compared their concentrations with those from conventional combustion cigarettes. The concentrations of nicotine in tobacco fillers and the mainstream smoke of iQOS were almost the same as those of conventional combustion cigarettes, while the concentration of TSNAs was one fifth and CO was one hundredth of those of conventional combustion cigarettes. These toxic compounds are not completely removed from the mainstream smoke of iQOS, making it necessary to consider the health effects and regulation of iQOS.

収録刊行物

  • 産業医大誌

    産業医大誌 39(3), 201-207, 2017

    学校法人 産業医科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006077578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0009832X
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0387-821X
  • NDL 記事登録ID
    028567635
  • NDL 請求記号
    Z19-1000
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ