構成主義に基づくソーシャルメディアを活用した展示:来館者の視点を取り入れた展示の実践と評価 An Exhibition based on Constructivism Using Social Media:Practice and Evaluation on the Exhibition Embracing Visitors Viewpoints

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,ソーシャルメディアを活用して来館者の視点(着眼点や疑問点)を展示の説明に取り入れた写真展を評価することである.社会教育施設において,展示に関する情報を来館者に効果的に伝えることを重視する従来の展示方法を見直し,来館者自身が展示の意味を自分なりに解釈する機会を作り上げる具体的な方法が検討されている.本研究では,その取り組みとしてソーシャルメディアのひとつFacebookを活用して,来館者の視点(着眼点や疑問点)を可視化して展示の説明に取り入れると同時に,それを他の来館者と共有して共同的に展示会を作る実践を行った.京都の大学で実施した西アフリカに関する写真展を事例とし,来館者がSNSを通し自らの視点を言語化し,それを他の来館者と共有することで展示を解釈するための新しい視点を得ることができたかを明らかにした.

The objective of this research is to evaluate the practice of participatory exhibition that have a purpose of promoting communication using social media between exhibition visitor and curators or other exhibition visitors. In order to promote the communication, the authors make use of Facebook, which is one of the popular social media among Japanese people. Exhibition can be a tool for collaborative knowledge construction rather than a tool for delivering information from curators to visitors. Social media can be a powerful tool to enhance collaborative knowledge construction. Therefore, the authors invited visitors to use social media to participate the photo exhibition about West Africa in order to understand it's culture and life by sharing ideas, opinions and images. The authors evaluated the practice if the visitor visualized their perspectives on social media and if they were able to get other perspectives to understand West Africa from multiple viewpoints of other visitors.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 21(2), 1-10, 2015

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006078888
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    026333353
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ