認知症のアセスメントにおける認知機能検査の意味と課題 Neuropsychological tests for dementia:current uses and issues

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>【要旨】認知症の中核となる認知機能障害を、認知機能検査により客観的に評価することの意義は大きい。特に、DSM-5にも示されているように、最近では複数の認知領域を客観的に評価することが強く求められている。これは、スクリーニング検査による診断補助のみではなく、認知機能をより詳細に多面的にアセスメントすることが求められているともいえる。たとえば、MMSEやHDS-Rによるカットオフ値は重要な指標となりうるが、各項目の反応や検査態度にも踏み込んで結果をみることにより、特に障害されている領域あるいは保たれている領域を考慮することができる。COGNISTATやWAISのように多面的かつ標準化された検査を用いれば、より客観的にそれらを把握することも可能となる。くわえて、こうした認知機能検査の結果はその後のケアにも有用な情報を多く含む。たとえば、遅延再生課題の再生が困難であっても再認が可能であれば、日常生活の問題でも適切な手がかりを利用することにより達成できるものがあることが予想される。したがって、結果の「得点」のみに着目することなく、ケアにつながる適切な情報として変換されることにより、認知症の本人にとっての認知機能検査の意味はより大きなものとなりうる。言い換えれば、認知機能検査を「どのように活かすか」について、医療側・ケア側で一定のコンセンサスを得ておくよう環境を整備することが強く望まれている。</p>

<p>Neuropsychological tests are one of the most important parts of assessments of dementia. Recently, neuropsychological tests have been used to assess one or more cognitive domains in people with dementia, as described in the Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition (DSM-5). In other words, neuropsychological tests should be used as tools for evaluating multiple cognitive domains in more detail and not only as screening tests for diagnosis. Although the cut-off points of screening tests (e.g., the Mini-Mental State Examination or the Revised version of Hasegawa's Dementia Scale) provide valuable information for diagnosis, the responses to each item for testing contain additional information about declined or intact cognitive domains. Using multicomponent and standardized neuropsychological tests (e.g., Wechsler Adult Intelligence Scale or COGNISTAT), we can access the individual data more accurately and objectively. In addition, these data contribute to clinical care decisions for people with dementia. For instance, in memory tasks, people who completed the cued recall or recognition tasks may resolve their difficulties in daily living with appropriate support, although they fail the free recall. Thus, the results of neuropsychological test scores can be translated into valuable information for clinical care, and they should not only be treated as test scores. For maximizing the benefits for people with dementia, systems that communicate the meanings of neuropsychological tests are highly required.</p>

収録刊行物

  • 認知神経科学

    認知神経科学 16(3+4), 200-208, 2015

    認知神経科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006100328
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11408788
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-4298
  • NDL 記事登録ID
    026565838
  • NDL 請求記号
    Z74-B622
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ