著作権法改正を巡る教育関連の権利制限規定や補償金制度・ライセンシング体制の整備の要点と今後求められる施策に関する提案 A Summary of the Copying Levy Framework, Licensing System, and Copyright Limitations on the Revision of the Copyright Law for Education, and a Proposal on the Measures Required for the Future

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>文化庁 文化審議会著作権分科会は2017年4月「文化審議会著作権分科会報告書」において「教育の情報化の推進等」を公表した。本ポスター発表では、こうした審議会等で討議される教育に関連した最新動向(権利制限の拡大案や公衆送信権に関わる補償金制度導入、学生からの著作権利用許諾料金の徴収、ライセンシング体制の整備ほか)の要点を解説し、著作者・著作権者と利用者(教員、児童生徒、保護者)との「対話」の促進のためのコミュニティの構築といった、今後求められる施策について提案する。</p>

収録刊行物

  • 日本デジタル教科書学会年次大会発表原稿集

    日本デジタル教科書学会年次大会発表原稿集 6(0), 61-62, 2017

    日本デジタル教科書学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006120166
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ