<b>自閉スペクトラム症幼児におけるモーラに応じた音声模倣および命名の獲得 </b>:<b>—モーラリズムタッピング手続きによる指導効果の検討</b><b>— </b> <b>Acquisition of Vocal Imitation and Naming Skills Using Mora in a Young Child with </b><b>Autism Spectrum Disorder</b>:<b>— Effects of Mora Rhythm Tapping Procedur</b><b>es — </b>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究では、自閉スペクトラム症幼児1名に対して、モーラリズムタッピングを用いて物品名称の音声模倣指導を行い、介入手続きの各構成要素が正確なモーラ単位での音声模倣に及ぼす効果を検討することを目的とした。また、命名スキルにも刺激性制御が転移するかを検討した。発音のアセスメントを行った後で、モーラリズムの音声提示、指導者によるタッピングモデル提示および対象児によるタッピングのガイダンスを継時的に導入した。結果、指導者が音声モデルを提示するよりも、指導者と対象児が音声モデルのモーラに合わせてカードをタッピングする方が正確なモーラ単位での音声模倣および命名スキルの促進に有効であった。この結果について、音声表出における弁別刺激の明瞭化や刺激性制御の転移の観点から議論した。</p>

<p>Instruction for vocal imitation of names of things was provided to a young child with autism spectrum disorder, by using mora rhythm tapping. The effects of each component of the intervention procedures on vocal imitation based on mora were investigated. Furthermore, possible transfer of stimulus control to naming skills was also assessed. First, pronunciations were evaluated, and then, voices with mora rhythms, tapping models by the instructor, and child's guidance in tapping, were successively presented to the child. As a result, accurate vocal imitation and naming skills were more effectively achieved by the instructor and the child tapping a card to mora of the voice model, compared to presentation of the voice model by the instructor. The above results are discussed from the perspective of clarifying discriminative stimuli in vocal expressions and the transfer of stimulus control.</p>

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 41(1), 81-90, 2017

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006147526
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    028180274
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ