<b>関係を生み出す地縁技術</b><b> </b>:<b>-東北タイ、カオボンのカティップ(竹籠)づくりの事例-</b><b> </b>  [in Japanese] Territorial Appropriate Technology and Emergence of New Human Relations::A Case of Bamboo Basket Production in Kaobon, Northeast Thailand  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p><tt> 本研究は、貨幣経済の浸透や大量消費材の普及といった社会変容の中における「地縁技術」の可能性を、東北タイ、カオボンのカティップづくりを事例として示すものである。</tt> <br> <tt>「地縁技術」とは地域内で入手できる素材を用いて製作し地域内のマーケットで流通されていることを特徴とする技術であり、地域に暮らす人々の生活と密接なかかわりをもつ点を特徴とする(</tt>Shigeta, 1996<tt>)。カオボンでは、主食であるモチ米をカティップという竹籠に入れて食べるという習慣が色濃くある。各家庭には大小様々のカティップが</tt>5-8 <tt>個必ずあり、モチ米を入れる容器は必ずカティップである。地元の竹を使って手作りされるカティップは、カオボンの「地縁技術」ととらえることができる。</tt> <br> <tt>参与観察とタイ人へのインタビューから、カティップづくりは、複数のつくり手による"分業体制"によって行われていることが明らかになった。その作業は、つくり手が自宅の生活空間で、日常生活の一場面として行っており、著者はその作業を"縁側作業"と呼ぶことにした。</tt> <br> <tt>縁側作業はカオボンの空間的・精神的な開放性という地域の特質に支えられており、カティップづくりを可視化し、人々の交流を生み、カティップづくりの暗黙知を伝達する機能がある。 分業体制は、</tt>1980 <tt>年代からの東北タイ農村の社会変容に適応して生まれたと考えられる。共同体や世帯が個人へ解体していくなかで、カティップを別世帯のメンバーとつくろうとするとき、「家内的領域の再生産と拡大世帯の形成」(田口,</tt>2002<tt>)がなされ、分業という新たな関係が生まれたととらえられる。</tt> <br> <tt>地縁技術には空間的・風土的地域特質と地域の変化の歴史が凝縮されている。また、地縁技術は、地域と人、モノの新たな関係を生み出す可能性をもつ。その動態を描き出すことは、地域の特質や変化、将来像を浮かび上がらせる豊かな可能性をもつのではないだろうか。</tt></p>

<p>   Participatory observation was carried out in Kaobon, Northeast Thailand to investigate the importance of 'territorial appropriate technology' in our recent society characterized by monetary economy and mass consumption. The technology is defined as technology to produce goods by using resources in a specific region and sell them in the region (Shigeta, 1996). People in Kaobon have custom to put their principal food, cooked glutinous rice, in a bamboo basket called <i>katippu</i>. Each family has 5-8 <i>katippu</i> of different size. <i>Katippu</i> is produced by 'territorial appropriate technology' in which only resources in the region are used and products are mainly sold in the region. <br>   It was found that production of <i>katippu</i> depended on division of labor among different families recently, although it used to be completely domestic work. The division of labor was introduced since 1980s when communitiesand even families were disbanded into individuals in agricultural villages. It is important, however, that people did not participate in a part of the production like factory workers but they looked doing domestic work in a front yard of each house, which is open for any village members. In this sense, the division of labor was considered as a new attempt to maintain the nature of domestic work by connecting smaller families with each other and making them something like a single large family. In this way, the territorial appropriate technology reflected geographical, climatic and historical characteristics of the region. At the same time, it has possibilities to create new relations among the region, people and physical things.</p>

Journal

  • Journal of Group Dynamics

    Journal of Group Dynamics 34(0), 242-286, 2017

    Japan Institute for Group Dynamics

Codes

Page Top