介護現場における認知症の行動・心理症状に関する行動コンサルテーションの効果—予備的介入— Behavioral Consultation for Elderly Care Setting Residents with Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia: A Pilot Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>応用行動分析に基づく介護者研修は、認知症の行動・心理症状(BPSD)のための推奨度の高い介入法として位置づけられている。しかし介護現場では、日常業務の多忙さや交替勤務などによって研修の実施が難しい場合も少なくない。本研究では、研修の代替手段として介護現場で応用行動分析に基づくコンサルテーション(行動コンサルテーション;BC)を行い、その効果について予備的研究を行った。対象者はBPSDがみられた認知症高齢者3名と、その介護者であった。研究デザインは、BCを通して作成された介入計画に基づく介護者の介入行動に対しては被験者間マルチプルベースラインデザイン、介護者の介入行動による認知症高齢者の標的行動にはABAデザインを適用した。結果、介入行動の変化に伴いすべての認知症高齢者の標的行動が望ましい方向へ変化した。以上より、介護現場におけるBCは、BPSDの改善に効果があることが示唆された。</p>

<p>Staff training based on applied behavioral analysis is generally recommended highly as an intervention for people with behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSD). However, such training is often difficult in elderly care settings in Japan, because staff members are busy with routine care and have complicated work shifts. As an alternate method, the present preliminary study examined effects of consultation based on applied behavioral analysis, that is, behavioral consultation. The participants were 3 people with behavioral and psychological symptoms of dementia who were living in a residential home and staff members at that home. A multiple baseline design across participants was used for the staff members, and an ABA design for the clients. In all cases, all target behaviors improved after staff members followed individual intervention plans. This suggests that behavioral consultation may be effective for improving the behavioral and psychological symptoms of people in elderly care settings who have been diagnosed with dementia.</p>

収録刊行物

  • 行動療法研究

    行動療法研究 43(1), 27-38, 2017

    一般社団法人 日本認知・行動療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006164601
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0910-6529
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ