価値の明確化尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 Development of the Values Clarification Questionnaire and Confirmation of Its Reliability and Validity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究の目的は、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)のコア・行動的プロセスである価値づけ、コミットされた行為を測定する尺度を作成し、その信頼性と妥当性を検討することであった。研究1における探索的因子分析の結果、本尺度は【動機づけ】・【行動継続】・【強化の自覚】の3因子から構成された。本尺度は、十分な内的整合性、収束的および弁別的妥当性が確認された。研究2では、構成概念妥当性を、共分散構造分析により検討した。その結果、【強化の自覚】・【動機づけ】が高まることで【行動継続】が高まり、主観的幸福感が増加することで、結果的に体験の回避が減少する可能性が示唆された。今後は、臨床群、異なる年齢層などの幅広い属性を持つ被験者を対象として、信頼性と妥当性を検討していくことで、本尺度の有用性を確認する必要がある。</p>

<p>The purposes of the present study were to develop a questionnaire to measure the Acceptance and Commitment Therapy (ACT) core behavior processes of "Values" and "Committed Action" and to confirm the questionnaire's reliability and validity. In Study 1, exploratory factor analysis indicated that the new questionnaire had a 3-factor pattern: "Increased Motivation," "Continuing Behavior," and "Awareness of Reinforcement." Furthermore, Study 1 indicated that the questionnaire had adequate internal consistency and convergent and discriminant validity. Study 2 examined the questionnaire's construct validity, using structural equation modeling (SEM). The results revealed that as "Awareness of Reinforcement" and "Increased Motivation" increase, "Continuing Behavior" ensues; subjective well-being was enhanced and resulted in a decrease in experiential avoidance. In the future, the questionnaire's efficiency should be confirmed by conducting surveys with different participants, for instance, clinical patients, and a broader range of age groups and, subsequently, demonstrating its reliability and validity.</p>

収録刊行物

  • 行動療法研究

    行動療法研究 43(1), 15-26, 2017

    一般社団法人 日本認知・行動療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006164605
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0910-6529
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ