行政間の土地利用規制格差に着目した開発許可条例による格差解消手法に関する一考察:和歌山市及び甲府市の市街化調整区域とその隣接市を対象として  [in Japanese] Study on the Solving Method by Development Permit Ordinance under the Landuse Regulation Gap in Boundary area of Local Authority:Case Study on Wakayama City and Kofu City, its Surrounding Cities  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

この研究では、地方自治体の縁辺部における土地利用規制格差の下で制定された開発許可条例に着目する。本研究では、和歌山市及び甲府市の市街化調整区域とその隣接市を対象として、両市の間での市街化の動向と、土地利用施策を明らかにすることを目的とする。その結果、以下のことを明らかにした。(1)開発許可条例の制定により市街化調整区域での市街化が促進された一方で、非線引き都市計画区域側での市街化が鈍化した。(2)前述の市街化には、農振法の土地利用規制格差も影響していた。(3)非線引き都市計画区域側での市街化が鈍化しても、農振除外による市街化を確認できるが、非線引き側での土地利用規制誘導策の導入には消極的であること。

This Study focuses on enacted Development Permit Ordinance under the Landuse Regulation Gap in Boundary area of Local Authority. And it aims to clarify the tendency of Urbanization and Land Use Management in each cities. As a result, we clarify the following. 1) Urbanization is promoted by Development Permit Ordinance in Urbanization Control Area, on the other hand it is stagnated in Un-divided City Planning Area. 2) Above-mentioned urbanization is affected by Landuse Regulation Gap of Act Concerning Establishment of Agricultural Promotion Areas. 3) Under the situation, Landuse Regulation is passive in Boundary area of Un-divided City Planning Area.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 52(3), 1108-1115, 2017

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top