世代交代の進展する地区の立地・空間的特性に関する研究:GBIを用いた東京都市圏における分析  [in Japanese] Study of Locational and Spatial Characteristics in Areas Where Generation Change Take Places:An Analysis Using GBI in Tokyo Metropolitan Area  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は世代交代が進展する地区(町丁)の空間・立地特性を、GBI(世代間バランス指標)を用いて明らかにすることを目的としている。研究対象は東京50km圏とし、東京50km圏及び都県(東京、茨城、埼玉、千葉、神奈川)単位での分析を行った。判別分析の結果、東京50km圏においては、戸建率、自営業率、人口密度、最寄り駅までの距離が特徴的であることが明らかになった。4つの指標において、カイ二乗検定・残差分析を行い、世代交代する地区に特徴的な変数の値域を明らかにした。都道府県ごとの分析では、戸建て率のみが5都県に共通している変数であり、各都県で特徴的な変数は異なっていた。とくに、東京、茨城、埼玉・千葉・神奈川はそれぞれ異なった特徴を持ち、特徴的な変数は、地区特性が大きいことが明らかになった。東京50km圏で世代交代が進展する地区の特徴については、世代交代を促進する閾値をX二乗検定と残差分析によってを明らかにした。

To realize a compact city, it is essential to clarify distinctive characteristics in areas where generation change takes place. This study aims to clarify what locational and spatial features are distinctive in areas where generation change takes place in Tokyo metropolitan area, using Generation Balance Index (GBI) as an indicator of demographic change. As a result, we found that the rate of detached houses, which has a high correlational relationship with the rate of having a house, the rate of an owner of a self-owned business, population density and distance from the nearest station are distinctive characteristics. It is also found that the distinctive locational and spatial characteristics differ significantly prefecture by prefecture.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 52(3), 301-308, 2017

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top