歴史都市アレッポにおける1973年の旧市街空間整備計画  [in Japanese] Urban spatial project of the old city of Aleppo in 1973  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

シリア第二の都市アレッポは、アレッポ城を中心にヘレニズム時代のグリッド型街路とイスラーム時代の稠密な街路網が複合して形成された旧市街を擁する。2011年以降の内戦による被害が大きいアレッポでは、戦後復興にあたって日本等の国際協力に基づく都市計画が必要とされることが期待されている。本研究では、た日本人計画家・番匠谷堯二が中心となって策定された1973年の「アレッポ旧市街空間整備計画」の計画思想と計画技術、方法論を計画図書及び関連資料から明らかにした上で、計画図と古地図との比較による妥当性を検証し、本計画の計画論的特徴を明らかにすることを目的とする。2章では、番匠谷の参画など、本計画の歴史的経緯を既往研究も踏まえて明らかにする。3章では、本計画の主要な一次資料である雑誌記事「アレッポ旧市街空間整備計画」の全テキスト・図版を対象に内容の注釈を行い計画的特徴を明らかにする。4章では、注釈から見いだされた特徴の一つである「進化型計画」の、番匠谷のそれまでの計画論との関連を議論する。5章では、主として計画図を当時の旧市街地図と対比する作業を通じて、本計画の妥当性を明らかにする。。

In this research, I clarify the planning idea, planning technique and methodology of the urban project plan for the old city of Aleppo in 1973 by the Japanese planner G.Banshoya. In Chapter 2, I will clarify the historical background of this program, including the participation of Banshoya, based on the past research. In Chapter 3, we will annotate the contents of all the texts and illustrations of the magazine article "Aleppo Old Town Space Development Project" which is the primary material of this program, and clarify its features. In Chapter 4, I discuss the relation between "evolutionary planning" which is one of the features found in the annotation and the previous planning theory of Banshoya. In Chapter 5, we clarify the validity of this plan mainly through comparing the plan with the old city map at the time.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 52(3), 945-952, 2017

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top