地方都市における大型小売店の撤退とその跡地利用に関する研究  [in Japanese] A study on the actual conditions of large scale retail stores' closing and the trendency of its after use in local cities  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

大型小売店の撤退後の跡地利用に関しては特段規定されておらず、コントロールがなされていない。市街地中心部で発生した大型小売店の跡地利活用に関する研究は多くみられるものの、郊外を対象とした研究は近年見られない。そこで本研究では、大型店の撤退の発生とその跡地利用に関する全体的傾向を分析・把握するとともに、特に郊外における大型店の後継利用のメカニズムや周辺の商業地に与えた影響を明らかにすることを目的とする。この研究から、人口減少・高齢化の進む地区や中心市街地において跡地の利活用が進まないことが明らかにされた。郊外では跡地の利活用が進むものの、長期間空き地や空き店舗としてつかわれない事例も確認できた。利活用がなされていない事例から、跡地が活用されずに周辺で新たな農地の転用が発生している状況や、老朽化の進んでいる店舗が十分に管理されていない状況が確認された。

This study aims to clarify the actual condition of large scale retail stores' withdrawal and the tendency of subsequent land use after that through the casestudies in Tohoku region. The findings are following four points. 1) In the suburban area, more than 60% of vacant lots are subsequently used for retail stores, while less than 10% of them are underutilized. 2) In some case, most of the closed stores are used for businesses which is different from new stores in other area. 3) Some of the closed stores are used by associated company. The fact indicates that the collaborations of companies would help smooth reusing of vacant stores. 4) Agricultural land is converted into commercial space, even though there are vast vacant lots in the neighborhood. This illustrates the importance of the regulation of land use conversion.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 52(3), 921-928, 2017

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top