中高層オフィスビルを対象とした風力・重力併用型自然換気設計手法に関する研究 (その2)風洞実験と換気回路網計算に基づく自然換気量評価  [in Japanese] Design Method of Wind and Buoyancy Induced Natural Ventilation System for High and Medium Rise Office Building (Part2) Natural Ventilation Rate baed on Wind Tunnel Test and Flow Network Model  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では中高層オフィスビルを対象として風力・重力を併用した自然換気設計を行う場合に、自然換気口面積と建物内換気経路の通気抵抗が各階の自然換気量に及ぼす影響を明らかにすることを目的とする。そのため、風洞実験により風圧係数を取得した上で対象建物の回路網計算を行い、最終的に前述の設計条件を変更したパラメトリックスタディを行い換気量との関係を示す。</p>

Journal

  • Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan

    Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan 2016.4(0), 209-212, 2016

    The Society of Heating,Air-Conditioning&Sanitary Engineers of Japan

Codes

Page Top