CVコンドライト中CAIの核合成起源Sr同位体の起源と進化  [in Japanese] Origin and evolution of nucleosynthetic Sr isotope variability in calcium and aluminum-rich refractory inclusions  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>隕石中の核合成起源同位体異常は、太陽系物質の起源や初期太陽系における惑星形成における物理的・化学的プロセスの解明に大きな役割を果たしている。特にコンドライト隕石に見られるCAIは小惑星形成前の太陽系最初期の化学的情報を保存している、非常に重要な物質である。本研究では、複数のCVコンドライトから複数タイプのCAIに対してTIMSを用いた高精度Sr同位体測定及びLA-ICP-MSによる微量元素濃度測定を行った。Type B CAI及びfine-grained spinel rich inclusionは同一インクルージョン内、異なるインクルージョンで均質な同位体比を示したが、fluffy type A CAIは同一インクルージョン内で不均質な同位体比を示した。 これらの同位体異常はCAIに対する超新星爆発由来のr-核種に富む粒子の寄与、初期太陽系内における熱プロセスによる同位体比変動を示唆している。</p>

<p></p>

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 64(0), 262, 2017

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Keywords

Codes

Page Top