シャワー使用行為の実態に関する研究 ―その1 使用時調査からみた流量・温度について―  [in Japanese] Research on the Actual Condition of the Shower Use Act ― Part1 Survey of the Volume Flow Rate and the Temperature ―  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>現状の住宅に設置されている水まわり設備機器がCO2削減にもたらす効果を定量的に把握することが必要である。その一環として,入浴行為やシャワー使用の実態を把握することを目的に夏期・冬期におけるシャワー使用の測定を行った。実際の使用時の使用時間、流量、使用温度を明らかにした。</p>

Journal

  • Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan

    Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan 2014.1(0), 37-40, 2014

    The Society of Heating,Air-Conditioning&Sanitary Engineers of Japan

Codes

Page Top