P1-21 マクロファージ活性化症候群を合併した全身性エリテマトーデス患者血清における多項目サイトカイン解析  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 爲近 真也
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 前田 伸治
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 和田 洵一
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 大村 晋一郎
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 岩垣津 志穂
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 前田 智代
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 難波 大夫
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座
    • 新実 彰男
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学講座

Abstract

<p>【背景】全身性エリテマトーデス(SLE)は,多彩な臨床症状・免疫異常・多臓器障害を呈する全身性自己免疫疾患であり,ときに重篤なマクロファージ活性化症候群(MAS)を合併する.【目的・方法】SLEおよび合併MAS病態の炎症病態の解明のため,当院を受診(2011/3月から2015/1月)したMAS合併SLE患者6例と治癒後MAS合併SLE患者5例,および高活動性SLE患者(SELENA-SLEDAI 10以上で尿蛋白2+以上の活動期ループス腎炎)4例,低活動性SLE患者(プレドニゾロン10 mg/日以下でSELENA-SLEDAI 5以下)9例,健常人4例の血清を用いてmultiplex ELISA(Q-PlexTM Array(QUANSYS Biosciences))により16種類のサイトカインを測定した.また,SLEと同様に自己免疫性MASを合併することが知られる成人発症スティル病(AOSD,ferritin 1000 ng/mL以上)患者6例の血清サイトカインも測定した.【結果】MAS治療後や低活動性SLEと比べ,MAS合併SLEではIL-6, IL-8, IL-15, TNF-αが有意に高値であった.高活動性SLEでも同様のサイトカイン上昇が認められたが,IL-15はMAS合併SLEにおいて有意に高値であり,AOSDにおいても同様にIL-15は高値であった.【結語】MAS合併SLEにおいて,IL-6, IL-8, IL-15, TNF-αが有意に上昇し,特にIL-15は自己免疫性MAS病態において有意に高値であった.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Clinical Immunology

    Japanese Journal of Clinical Immunology 40(4), 303a-303a, 2017

    The Japan Society for Clinical Immunology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006219421
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0911-4300
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top