男性における下着の消費行動:―「こだわり」についての心理的要因の検討― Consumption Behavior on Men's Underwear:Psychological Factors on Commitment to Underwear

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>本論文では,男性における下着の着用や購入の関心の実態,および,下着へのこだわりの背景にある心理機序について明らかにすることを目的とした.その際,心理的機能がどのような場面,目的で期待されているのか,心理的機能は下着の何が作り出しているのか,心理的機能を期待する背景にどのような要因が関与しているのか,それらをまとめた下着のこだわりの心理モデルを構築し検討した.結果,男性において,下着にも心理的な機能があり,その機能への期待が,下着へのこだわりに結びついているということが明らかになった.中でも,気合いの効果が極めて重要であり,様々な場面でのベースとなっていることが確認された.幅広い年代の男性が,日常生活において直面する様々な場面において,課題を達成するための心理的資源を得るために,お気に入りの下着を着用していることが示された.ただし,そのプロセスについては,女性ほど分化していないことも併せて示された.</p>

<p>The purpose of this study was to examine men's attitudes toward underwear, and the underlying psychological "meaning" they place on putting particular underwear. Firstly, the study illustrated the consumers' attitudes and behavior toward underwear by age groups. It was found that men across age groups had distinct, diverse attitudes and behavior toward underwear. Secondly, the study was followed by the investigation of the psychological mechanism behind men's commitment to underwear with several psychological effects. The psychological model of men's commitment to underwear was verified and it indicated that the underwear had psychological effects on men and those expectations toward the effects led to underwear-conscious mindset. Therefore, men, in trying to successfully cope with various challenges in a wide range of contexts in daily life, tend to gain psychological resources, although the psychological processes are not so much as differentiated by women.</p>

収録刊行物

  • 繊維製品消費科学

    繊維製品消費科学 55(9), 677-686, 2014

    一般社団法人 日本繊維製品消費科学会

各種コード

ページトップへ