大学連携におけるeラーニング教材質保証システムの構築を目指したアジャイル指向アプローチの提案 Proposal of Agile-Oriented Approach Aimed at Developing Quality Assurance System of e-Learning Design Materials in University Collaboration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p> 大学間連携におけるeラーニング開発質保証の評価枠組みの共有化を目指し,アジャイル指向アプローチを採用した。アジャイル開発のスクラム手法を参考に共有化過程を見直すことで,活動の形成的評価に類似するスプリントレビュー活動の不足が見え,研修会を活用してプロジェクト全体の合意を得ながら仕組みづくりを進めた。研修結果から,提案したチェックシート,チェックプロセス,ガイドブックの活用に必要な改善アイディアを収集することができ,大学間の開発プロセスを共有した上での質保証の仕組みづくりの有用性が確認できた。</p>

<p> In the e-Learning development process in a corporation among Universities,we referred agile development process as a way of sharing the quality assurance framework and procedure. We selected Scrum method in Agile process and used it to review the working process. As a result,there were several points we covered to accomplish the project goal. The training placed as a Sprint Review was successfully implemented and participants mostly accepted our proposed approach and products and they provided essential ideas to proceed the project.</p>

収録刊行物

  • コンピュータ&エデュケーション

    コンピュータ&エデュケーション 42(0), 19-24, 2017

    一般社団法人 CIEC

各種コード

ページトップへ