偏光変調型軟X線光源による鉄系磁性体の磁気光学効果の研究  [in Japanese] Magneto-optic effect of Fe based magnetic materials using polarization-modulated soft X-ray source  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>SPring-8 BL07LSUにて分割型クロスアンジュレータと電磁石位相器を組み合わせ、唯一の軟X線高速連続偏光変調光源を実現した。さらにその光源を用いた軟X線領域における光学遅延変調法を世界で初めて開発した。この手法は磁性体の磁気円二色性(MCD)と旋光性を同時にかつ高精度に測定できる。本講演では新規光源と手法の詳細を述べると共に、それを用いた鉄系磁性体のMCD及び磁気光学カー効果(MOKE)測定の結果を報告する。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 71.2(0), 1273-1273, 2016

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top