七酸化四チタンの相転移物性に形状制御が及ぼす影響  [in Japanese] Effect of shape control for phase transition property of Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub>  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>七酸化四チタン(Ti_4_O_7_)は金属-半導体相転移を示す興味深い物質である。本研究では、Ti_4_O_7_の形状制御を行い、相転移に及ぼす影響を検討した。まず、市販のTiO_2_を還元雰囲気下で焼成しTi_4_O_7_を得た。その後、得られたTi_4_O_7_をボールミル法で粉砕することでナノ微粒子化した。粉砕前のTi_4_O_7_の磁化率の温度依存性を測定すると、150Kで磁化率に急激な変化を起こすという既存の報告と一致した。一方、粉砕後のTi_4_O_7_は磁化率に変化が観測されず、高温相の状態を低温まで保持することが示唆された。</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 71.2(0), 1349-1349, 2016

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top