クラゲの触手の最適ハッシュ配列  [in Japanese] Optimal hash arrangement of tentacles in jellyfish  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>一見すると,だらだらしたクラゲの触手は、いい加減に並んでいるようにみえる.しかし、実はよく観察すると、触手の配列と発生の順序には数学的な規則性が隠されていることが、ちょうど百年前に日本の研究者により(日本語で)最初に指摘され、六十年前に別の日本人研究者らにより確認されている。しかし現在この事実は世界的にまったく知られていない.当然理由は謎のままとなっている.本講演では,この興味深い事実を紹介するとともに,触手のこの配列が,実際にクラゲにとって最適な配列であり,したがってこれが進化による結果として理解できることを理論的にしめす.興味深いことに,この最適配列は,コンピュータ検索アルゴリズムでフィボナッチハッシングとして知られるデータ配列方法と同じ物である.実質的に植物の葉の配列(葉序)と類似の現象のため,収れん進化の新しい例とみることができる.</p>

Journal

  • Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 71.2(0), 2985-2985, 2016

    The Physical Society of Japan

Codes

Page Top