地方都市における鉄道・軌道の運行頻度に着目した駅周辺人口分布の経年変化に関する研究 A Study on the Change of Population around Rail and Tram Stations in Local Cities Focusing on their Frequencies

この論文にアクセスする

著者

抄録

本論文では,利便性の高い公共交通を整備することにより周辺の人口が増加し,公共交通を軸としたコンパクトな都市が形成されているかどうか実証するため,全国の地方都市内の鉄道・軌道の運行頻度や人口分布の経年変化から,運行頻度の高低と,鉄道・軌道駅周辺や市街地の人口分布の現況及び経年変化との関係を分析した.その結果,全国の地方都市において,運行頻度が3本/h以上の鉄道駅及び6本/h以上の軌道駅周辺では,多くの人が居住し,なおかつ人口が増加していることを明らかにした.また,都市平均運行頻度が3本/h以上と高い都市は市街地の人口密度が上昇し,都市のコンパクト性と関係性があることを明らかにした.

 It is said that one of the important keys to realize a compact city is to develop very convenient public transportation, but quantitative analyses for that are inadequate. In this study, at first, the transportation frequencies over railways and tramways and changes in the distribution of population of all local cities in Japan over time were investigated. Then, the relationship between the level of frequencies of stations in railways or tramways and the distribution of the population around the stations in a whole city or in densely inhabited districts was investigated.

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 27(0), 399-407, 2010

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006275132
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ