都市の人口規模に着目したコンパクトシティ施策の効果に関する研究 A Study on the Effect of the Measures for Compact City Focusing on Urban Population Size

この論文にアクセスする

著者

抄録

近年、モータリゼーションの進展に起因する様々な都市問題への対策としてコンパクトシティの考え方が注目されており、大小様々な都市においてコンパクトシティ施策が検討されている。本研究では、都市の人口規模に着目し、人口規模の異なる仮想都市を対象として数値シミュレーションを行い、コンパクトシティ施策の効果について分析することで、人口規模の違いが各施策の効果へ及ぼす影響を明らかにした。また、郊外店舗が立地した場合についても分析し、施策実施前の都市構造により施策効果に明確な差がみられることを明らかにした。

 In recent years, various urban problems have appeared due to the development of motorization, and as a measure against them the idea of compact city is discussed in various cities : from small city to large city. Thus in this study, focusing on the urban population size, we analyze the effect of the measures for compact city by numeral simulation in the hypothetical cities which have various urban population sizes. We clarify the influence of the difference of the urban population size on the effect of these measures.

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 27(0), 345-353, 2010

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006275134
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ