活動機会の獲得水準最大化を目指したバスダイヤの設定法 A Method to Set Bus Diagram for Maximizing Opportunity of Activity

Access this Article

Author(s)

Abstract

人口密度の低い地域において、乗合バス事業が成り立たなくなり、自治体が公共交通を維持している。限られた財源の中では、活動機会の獲得水準がなるべく高い公共交通サービスを提供することが重要である。本稿ではアクセシビリティ指標に着目し、活動機会の獲得水準を評価する指標を提案するとともに、所与の活動パターンとバスの便数に対し、活動機会の獲得水準を最大化するバスダイヤの設定法を提案した。<br> また、ケーススタディの結果、実際のダイヤや活動機会を獲得できる人数を最大化する従来の方法で求められたバスダイヤより、活動機会の獲得水準の高いバスダイヤを設定でき、提案した方法の妥当性が確かめられた。

 In the area where the density of transport demand is low, the local government provides the public transport service. In this paper, we propose an index that evaluates the security level of the opportunity of activity, and a method to set bus schedule by using the proposed index. Then, we apply the proposed index to develop a method for finding the timetable of bus in rural area, and demonstrate the usefulness of the method through a case study.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW 27(0), 633-641, 2010

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top