ロービジョン者の視覚機能が歩行時の利用情報に与える影響の分析 An Impact analysis of visual performance to information for mobility in people with low vision

Access this Article

Author(s)

Abstract

ロービジョン者の移動問題を考える上では、その「見え方」を考慮する必要がある。しかし、ロービジョン者の歩行環境整備全般にわたって、視覚および他の感覚機能からどのような情報を入手して歩行しているのかは十分に把握できていない。本研究では、ロービジョン者の視覚機能が歩行時の利用情報に与える影響について明らかにした。その結果、視覚機能の低下が、聴覚情報、触覚情報の利用に大きく影響を与えいるが、視覚情報利用に大きく影響していない。このことより、ロービジョン者には視覚情報は重要であり、認知できる視覚情報を提示することが歩行環境整備では有効である。

 It is necessary to consider the visual performance and mobility problems of people with low vision. But it is not clear that the way people with low vision receives mobility information from vision and other sensation. In this paper, we analyzed impacts of visual performance to information for mobility in people with low vision. It is cleared that visual performance has influenced use of auditory and tactile information, and has not influenced use of visual information. Visual information is important for people with low vision, it is effective to offer visual information at developing pedestrian environments.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW 27(0), 893-902, 2010

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top