街路空間要素が自動車走行速度に与える影響に関する研究 A Study on the Relationship between Street Structures and Vehicle Speeds

Access this Article

Author(s)

Abstract

住宅地内の道路などではドライバーは街路全体から受ける雰囲気からその道路に適していると感じる走行速度で運転しており、無意識のうちに安全な走行速度で走るような街路を実現することが安全な生活空間を形成する上で重要であると考えられる。そこで本研究では、主に岡山市内の街路54路線において合計1,906台の自動車の走行速度を実測し、速度と街路空間要素の関係を分析した。その結果、自動車の走行速度や速度のばらつきにどの街路空間要素がどれほど影響を及ぼすかを定量的に明らかにした。この結果は、街路空間の改良によって自動車の走行速度をコントロールし得ることを示唆したものと考えられる。

 Driver is driving at a speed feels appropriate for a street from the atmosphere received from the whole street. And it is important to achieve the street that drives by a safe speed unconsciously for forming a safe living space. So, in this study made a survey of vehicle speeds, and analyzed the relationship between street structures and vehicle speeds. As a result, the elements to affect on various vehicle speeds are quantitatively clarified. This result suggested that road space improvement could be able to control the vehicle speeds.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW 27(0), 737-742, 2010

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top