シンキングツール導入4年後にみられた中国の授業実践の評価:相互行為の視点から組織化に着目して  [in Japanese] Assessment of Lesson Practice after Four Years of Introducing Thinking Tools in China:Focusing on Perspective of Organizing Interactivity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,シンキングツールの活用を進める中国の小学校において,児童が主体的に考える授業場面を,教師はどのように組織しているのかを明らかにすることである。筆者らは4年間にわたり,思考力育成のための授業研究を日中間で継続して行ってきた。本研究では,共同研究に参加している協力校の中から,一名の中国人教師が実施した国語科の1コマの授業を対象とし,授業を撮影したビデオ映像・教師と児童の会話を記録した音声・フィールドノート・インタビューを通してデータを収集し,どのように児童が主体的に考える授業場面を組織しているかを,相互行為の視点で分析した。分析の結果,中国人教師は,1)児童と共同的に授業進行のルール作りと意思決定をしていたこと,2)児童が思考活動から逸脱しないように,掲示物やシンキングツールなどの教材を用いて学習活動を展開していたこと,3)児童の情意への働きかけを行なっていたこと,4)授業後半では,時間内に活動を完了するように教師主導で進めていたことによって,授業場面を組織していたことが確認できた。以上のことから,児童が主体的に思考できるように,教師は児童との相互行為を通して,授業場面という社会的文脈を組織していたことがわかった。一方で,学校やカリキュラムといった制度的制限を受けるため,一部を教師主導で進めており,授業に児童主体と教師主導の2つの異なるアプローチが混在していたことがわかった。本研究では,中国人教師が自ら置かれている制度的な制限の中で,新しいツールを活用した授業の進め方を,児童との相互行為を通して社会的に意味づけ,組織していたことを明らかにすることができた。

The purpose of this study is to clarify how teachers organize a lesson to fostering thinking skills by thinking tools. The authors have conducted collaborative research on lessons for fostering thinking skills between Japan and China. The authors collected videos, field notes, interviews on Chinese lessons in which teachers participated in the collaborative research, and analyzed how Chinese teachers designed lesson in which students try to think deeply from the viewpoint of interactivity. The result showed four findings. (1) Chinese teacher made rules and decisions with children in the class; (2) Chinese teacher organized learning activities without deviating from goals by using teaching materials such as bulletin board and thinking tools; (3) Chinese teacher nurtured social and emotional domain of students as formative assessment based on thinking tools;(4) Chinese teacher shifted to teacher-centered strategies to complete lesson within limited time at the end of lesson. The authors found that Chinese teacher interacted with students to organize context of the lesson in order to help students think deeply. On the other hand, because of constraints of school regulations and curriculum, teacher-centered strategies were taken in order to complete within limited time. Both student-centered and teacher-centered strategies co-existed in the same lesson. In this study, it is worthwhile that the authors can present how class activities between teacher and students were organized socio-culturally.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 24(1), 43-56, 2017

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006285567
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    028722531
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top