ヒューマンライブラリーという図書館 ~新しい図書館のかたち~ Human Library: an Innovative Form of "Library"

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>2000年にデンマークの野外ロックフェスティバルの片隅で始まった人を貸し出す図書館「ヒューマンライブラリー」は,瞬く間に世界中に広がり,現在は世界90か国以上で開催されている。日本でも大学を中心に図書館での開催もあり,筆者はゼミ活動として主催して今年9回目を迎える。すでに全国で100回程度開催されていると思われる。2017年10月には日本ヒューマンライブラリー学会も立ち上がり,研究関心も高まってきた。この仮想の「図書館」では,いったい何が行われ,何が起こっているのか。偏見の低減にも効果があるとされるこの催しの意味と効果について述べる。</p>

<p>The Human Library movement started in 2000 at an outdoor rock festival in Denmark and, in a remarkably short amount of time, spanned the globe with events now taking place in over 70 countries. In Japan, Human Library events are primarily held on university campuses and organized in conjunction with a course, as with this author, who facilitates a seminar course now in its 9th year. To date, organizers in Japan have hosted roughly 100 events, and the Human Library Society of Japan, established in October 2017, indicates a growing academic interest in the movement. What exactly is happening in this "library"? This paper examines the purpose of the events – reducing prejudice – and their effectiveness.</p>

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 68(1), 19-24, 2018

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006300752
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ