エンベディッド・ライブラリアンにみる図書館環境の変化 Embedded Librarians in Changing Library Environment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>北米の図書館界では,「エンベディッド・ライブラリアン」と呼ばれる利用者サービスの形態が注目されている。そこには,図書館司書が図書館を離れた場所で活動し,その場所において情報サービスを提供するという特徴がある。本稿では,アメリカ,カナダの大学図書館におけるエンベディッド・ライブラリアンを中心にしつつ,公共図書館との関わりも検討し,エンベディッド・ライブラリアンが導入される背景にある図書館環境の変化を挙げる。そして,エンベディッド・ライブラリアンがもたらす利用者への効果について従来の利用者サービスと比較しつつ述べ,それが図書館に与える可能性がある変化について述べる。</p>

<p>Embedded librarians are an emerging way of providing library services and have drawn attention in the North American library setting. In embedded librarians, a librarian acts outside of the library and provides services there. This paper discusses some changes in the library environment that have prompted embedded librarians, focusing mainly on academic libraries but also considering public libraries. It describes how embedded librarian services impact library users, in comparison with traditional user services. It also discusses what changes embedded librarians may make on libraries.</p>

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 68(1), 14-18, 2018

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006300754
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    028736259
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ