2009年8月台風9号に伴う豪雨による水害が兵庫県佐用町に与えた長期的影響  [in Japanese] <b>Long-term effects of flooding fr</b><b>om typhoon No. 9 2009 in Sayo </b>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 本報告では2009年8月台風9号が兵庫県佐用町に与えた長期的な影響に関する調査の結果について述べる.兵庫県佐用町のように少子高齢化が進む中山間地域においては,洪水が社会経済に回復不能なほどの被害を与えるケースが存在すると考えられる.洪水の影響により,それまでに晒されていた過疎化などの中山間地域特有の社会的変化が劇的に進行する可能性がある.これらの点について明らかにすることは,多様な食料の供給,生物多様性の保全,就業機会の提供,防災を含む公益的効果の発揮等の多面的な機能を有する中山間地域の今後の持続可能性や,国土管理のあり方を考慮する上において非常に重要である.このような背景の下,水害の前後で地域の社会経済や生活環境がどのように変化したかについて調査を行った.結果からは,同一町村内においても長期的な影響の表れ方が地域により異なること,またそれらの地域差には従来から進む過疎化の進行度合いが関連していることが示唆された.</p>

<p> The report presents results of an investigation of long-term effects of flooding by typhoon No. 9 2009 in Sayo, Hyogo. The long-term influence of flooding in mountainous region of Japan has not been studied well. The effects of flooding on local society, economy, and living conditions were investigated using statistical analysis of social indices and a questionnaire survey. Results indicate that flooding effects are substantially lower than effects of other phenomena such as depopulation and population aging.</p>

Journal

  • JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES 30(6), 386-394, 2017

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130006308852
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10088049
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-1389
  • NDL Article ID
    028645838
  • NDL Call No.
    Z15-619
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top