個人化のもとで 共同体はいかにして可能か How Is Community Possible Under the Individualization?

この論文にアクセスする

著者

    • 今田 高俊 IMADA Takatoshi
    • 日本学術会議|東京工業大学|統計数理研究所 Science Council of Japan|Tokyo Institute of Technology|The Institute of Statistical Mathematics

収録刊行物

  • 学術の動向

    学術の動向 22(9), 9_36-9_41, 2017

    公益財団法人 日本学術協力財団

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006318491
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-3363
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ