ベッヒャーとシュタール:原質説とフロギストン  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p>アリストテレスの四元素説(火は,水,土,空気とならび四元素の1つであった),パラケルスス派の三原質(エン,スイギン,イオウの3つのうち,イオウは可燃性を担う原質と位置づけられていた)という17世紀までの元素説・原質説の基本をまず紹介しよう。そして,こうした背景に対し,ベッヒャーとシュタールのフロギストン説は,一体何であったのかを解説しよう。</p>

Journal

  • CHEMISTRY & EDUCATION

    CHEMISTRY & EDUCATION 65(8), 372-375, 2017

    The Chemical Society of Japan

Codes

Page Top