住宅資本コストが住宅所有形態に及ぼす影響についての実証分析  [in Japanese] Empirical study of tenure choice and user cost for housing  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本研究では,家計がどのような住宅を選択するかというテニュア・チョイス問題を,住宅資本コストと取引費用という概念を用いて,理論的,実証的に研究したものである。その結果,持家取得に要する固定費用と,情報の非対称性による借家契約に伴うエージェンシー・コストによって,テニュア・チョイスと住宅規模が決まることが分かった。また,実際の取引データを基に,マンション価格関数と家賃関数を推計し,持家と借家の資本コストを推計し,理論と整合的な結果を得ることが出来た。新設住宅着工に関しても資本コストによる影響があるかを検討し,税制の変化によって資本コストが大きく変化し,その影響で着工戸数が変化することも実証された。

We present a model that determines both the discrete tenure choice and continuous demand for floorspace simultaneously, introducing agency costs into rental market and transaction costs into owner occupation, respectively. First, we examine how the user cost of housing capital, the transaction cost and the agency cost respectively affect the lot size of housing and the rate of owner occupation. Second, we empirically examine whether our model can explain the tenure choice, using the data of housing market in Japan.

Journal

  • JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN"

    JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN" 33(0), 335-345, 2007

    Housing Research Foundation "JUSOKEN"

Codes

Page Top