2013年参議院選挙におけるソーシャルメディア:候補者たちは何を「つぶやいた」のか Internet Campaign in the 2013 House of Councillors Election:the Analysis of Candidates' Use of Twitter

この論文にアクセスする

抄録

2013年の参議院選挙は,初めての「ネット選挙」であった。近年,インターネットではソーシャルメディアの比重が増しており,海外では選挙運動にも広く利用されている。そこで本論文では,「ネット選挙」解禁に候補者がどう対応し,(代表的なソーシャルメディアである)ツイッターを活用したのかを分析する。具体的には,①どのような候補者がツイッターの利用に積極的であったのか,②どのような内容を投稿したのかを分析する。 分析の結果,小政党の候補者,競合的な選挙区もしくは比例区の候補者がツイッターに積極的であったことが分かった。また,コンピューターによる内容分析の結果,多くの投稿が告知や報告に関わるものであり,政策関連の投稿は少ないことは分かった。いくつかの小政党の候補者はツイッターの双方向機能を活用し,有権者との情報交換に積極的であった。

The 2013 House of Councillors Election was the first election after the legalization of "Internet campaign" in Japan. Recent Internet campaigns have been conducted using social media and widespread mobile Internet service. This paper investigated how candidates utilized Twitter - widely used social media service that is characterized by its openness, equality, and power to spread information. It especially focuses on who among candidates were more active on Twitter, and what candidates tweeted about. The analysis of the activeness has revealed that young candidates, candidates from some smaller parties, candidates in competitive district or PR lists were more likely to be participating on Twitter. The computerized content analysis of candidates'' tweets has revealed that majority of tweets were about campaign schedule and report, while the number of tweets discussing policy issues were small. Candidates from some smaller parties have made use of the interactivity of Twitter to communicate with their constituencies.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 30(2), 116-128, 2014

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006334257
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0912-3512
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ