ラーニング・アナリティクス研究の現状と今後の方向性 Current trends and future directions of learning analytics research

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>近年の情報通信技術の発展により,教育の場面でも情報通信技術が使われるようになった.情報通信技術を教育や学習の場面で利用するメリットは学習に関係するログが残ることである.このログも含めて,多角的に教育・学習に関する分析を行い,教育や学習環境の改善に寄与することをラーニング・アナリティクスと言い,その研究が世界的に広がりを見せている.本稿では,ラーニング・アナリティクス研究に関する国内外,特にラーニング・アナリティクス研究の専門誌であるJournal of Learning Analytics の掲載論文の傾向を中心の紹介をし,ラーニング・アナリティクス研究の現状と今後の方向性について述べる.</p>

<p>Recent advancement of information and communication technologies (ICT) promotes its use on educational settings. ICT plays important roles in improving education and learning environments, using learning logs that stored in information technologies. This is one of important advantages of ICT use in educational settings. "Learning analytics" aims to contribute to improve education and learning environments, based on the analytics results from various viewpoints including learning logs analytics. The number of papers and projects about learning analytics research is increasing and increasing, due to its feature that contribute to improve education and learning environments. This paper introduces the recent trends of learning analytics research, in particular, focusing on "Journal of Learning Analytics", and shows future direction of learning analytics research.</p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 41(3), 189-197, 2018

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006337694
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    028821259
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ